鍼灸科Ⅰ部/鍼灸科Ⅱ部

鍼灸科Ⅰ部/鍼灸科Ⅱ部

授業時間 9:30〜16:40 (月〜土 週6日制)

修業年限 3年  定員 30名


目指せる資格

はり師

きゅう師

注目のカリキュラム

体表解剖・取穴実習

体表部の観察や触診の要領を実践で学び、指先の触知力を向上。鍼灸施術の基本である取穴を指先と身体で覚えます。

美容鍼灸
(特別講座)

肌荒れなどの原因となる便秘や冷え性を改善する鍼灸を復習し、顔面の左右のバランスを整える浅鍼の施術法を学びます。

取得資格

【はり師・きゅう師の国家試験受験資格】

本校で取得を目指す資格はいずれも開業権のある医療系国家資格です。

【鍼灸科I部国家試験合格率】

平成31年3月実績

  • はり師・・・・・・・・・・・92.9%
  • きゅう師・・・・・・・・・・92.9%

平成30年3月実績

  • はり師・・・・・・・・・・・62.5%
  • きゅう師・・・・・・・・・・75.0%

平成29年3月実績

  • はり師・・・・・・・・・・・90.9%
  • きゅう師・・・・・・・・・・90.9%

平成28年3月実績

  • はり師・・・・・・・・・・・100%
  • きゅう師・・・・・・・・・・100%

平成27年3月実績

  • はり師・・・・・・・・・・・92.9%
  • きゅう師・・・・・・・・・・96.4%

平成26年3月実績

  • はり師・・・・・・・・・・・90.5%
  • きゅう師・・・・・・・・・・90.5%

平成25年3月実績

  • はり師・・・・・・・・・・・100%
  • きゅう師・・・・・・・・・・100%

平成24年3月実績

  • はり師・・・・・・・・・・・100%
  • きゅう師・・・・・・・・・・100%

特徴

職業実践専門課程の認定を受けている学科です。

平成26年3月31日、文部科学大臣より「職業実践専門課程」の認定を受けました。

→職業実践専門課程とは?

→本校での取り組み

鍼・灸を徹底的に学び、即戦力の治療家を目指す専門学科

鍼と灸に特化したカリキュラムにより、鍼灸治療を徹底的に探求。豊富な練習量で実践力を養い、即戦力の治療家を目指します。

鍼灸の基礎力を高める全日制ならではの授業構成

全日制の密度の濃い授業構成により、鍼灸治療に必要な知識と技能を着実に修得します。

鍼灸の基礎技術を反復練習

消毒法、身体各部位への鍼の刺し方や灸のすえ方、反応点の探索などの基本技術を毎日実施、反復練習を行います。

時間割例(平成30年4月時点)

1年1学期

前期 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
09:30 〜 11:00 人体構造学Ⅰ 基本きゅう実技 東洋医学概論Ⅰ 体表解剖・取穴実習 経絡経穴概論Ⅰ 総合基礎Ⅰ(文章表現・読解法)
11:10 〜 12:40 人体機能学Ⅰ 公衆衛生学 基本はり実技 基本はり実技 衛生実習 総合基礎Ⅰ(生物Ⅰ)
13:30 〜 15:00 はき概論 早期臨床体験実習Ⅰ 早期臨床体験実習Ⅰ 早期臨床体験実習Ⅰ 基本きゅう実技
15:10 〜 16:40 早期臨床体験実習Ⅰ 早期臨床体験実習Ⅰ 早期臨床体験実習Ⅰ 早期臨床体験実習Ⅰ スタビライゼーション/ドラウタビリティ
月曜日
09:30 〜 11:00 人体構造学Ⅰ
11:10 〜 12:40 保人体機能学Ⅰ
13:30 〜 15:00 はき概論
15:10 〜 16:40 早期臨床体験実習Ⅰ
火曜日
09:30 〜 11:00 基本きゅう実技
11:10 〜 12:40 公衆衛生学
13:30 〜 15:00 早期臨床体験実習Ⅰ
15:10 〜 16:40 早期臨床体験実習Ⅰ
水曜日
09:30 〜 11:00 東洋医学概論Ⅰ
11:10 〜 12:40 基本はり実技
13:30 〜 15:00 早期臨床体験実習Ⅰ
15:10 〜 16:40 早期臨床体験実習Ⅰ
木曜日
09:30 〜 11:00 体表解剖・取穴実習
11:10 〜 12:40 基本はり実技
13:30 〜 15:00 早期臨床体験実習Ⅰ
15:10 〜 16:40 早期臨床体験実習Ⅰ
金曜日
09:30 〜 11:00 経絡経穴概論Ⅰ
11:10 〜 12:40 衛生実習
13:30 〜 15:00 基本きゅう実技
15:10 〜 16:40 スタビライゼーション/ドラウタビリティ
土曜日
09:30 〜 11:00 総合基礎Ⅰ(文章表現・読解法)
11:10 〜 12:40 総合基礎Ⅰ(生物Ⅰ)
13:30 〜 15:00
15:10 〜 16:40

1年3学期

後期 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
09:30 〜 11:00 人体構造学Ⅰ 経絡経穴概論Ⅰ 東洋医学概論Ⅰ 体表解剖・取穴実習 基本きゅう実技 総合基礎Ⅰ
(コミュニケーション心理学)
11:10 〜 12:40 人体機能学Ⅰ 公衆衛生学 基本はり実技 東洋医学のエビデンス 早期臨床体験実習Ⅰ 総合基礎Ⅰ
(生物Ⅱ)
13:30 〜 15:00 小児鍼/メディカルハーブ 医療コミュニケーション学Ⅰ 早期臨床体験実習Ⅰ
15:10 〜 16:40 早期臨床体験実習Ⅰ 早期臨床体験実習Ⅰ 忙しい人のための日本語トレーニング 早期臨床体験実習Ⅰ 早期臨床体験実習Ⅰ
月曜日
09:30 〜 11:00 人体構造学Ⅰ
11:10 〜 12:40 人体機能学Ⅰ
13:30 〜 15:00 小児鍼/メディカルハーブ
15:10 〜 16:40 早期臨床体験実習Ⅰ
火曜日
09:30 〜 11:00 経絡経穴概論Ⅰ
11:10 〜 12:40 公衆衛生学
13:30 〜 15:00
15:10 〜 16:40 早期臨床体験実習Ⅰ
水曜日
09:30 〜 11:00 東洋医学概論Ⅰ
11:10 〜 12:40 基本はり実技
13:30 〜 15:00
15:10 〜 16:40 忙しい人のための日本語トレーニング
木曜日
09:30 〜 11:00 体表解剖・取穴実習
11:10 〜 12:40 東洋医学のエビデンス
13:30 〜 15:00 医療コミュニケーション学
15:10 〜 16:40 早期臨床体験実習Ⅰ
金曜日
09:30 〜 11:00 基本きゅう実技
11:10 〜 12:40 早期臨床体験実習Ⅰ
13:30 〜 15:00 早期臨床体験実習Ⅰ
15:10 〜 16:40 早期臨床体験実習Ⅰ
土曜日
09:30 〜 11:00 総合基礎Ⅰ(コミュニケーション心理学)
11:10 〜 12:40 総合基礎Ⅰ(生物Ⅱ)
13:30 〜 15:00
15:10 〜 16:40
  • ※基礎科目履修免除制度:大学・短期大学・厚生労働大臣指定の医療系専門学校で既に取得している基礎科目の単位を本校で生かして学業の負担を軽減することのできる制度です。該当科目(総合基礎Ⅰ、Ⅱ)は、1年次、2年次の土曜日に設置されています。詳細については募集要項をご覧ください。
  • 水色の枠は特別講座です。
  • ※上記の授業時間外(休業日を含む)にも、授業や実習等が行われる場合があります。

鍼灸治療の応用訓練が充実

皮膚の状態や筋・骨格の視診・触診、身体診察法、主要症候別鍼灸治療のほか、小児鍼、美容鍼などの特別講座も設置しています。

先輩メッセージ

小林 龍司さん

(鍼灸科Ⅰ部)

選択科目が幅広く、実技に時間をかけたカリキュラムが魅力です

はり師・きゅう師に加え、作業療法士の国家資格を取得し、リハビリで社会復帰を目指す方の力になりたいと考えています。授業は、実技科目の時間が多く、選択科目の種類が豊富なので、技術をしっかりと身に付け、治療の幅も広げることが出来ます。

山田 裕貴さん

(鍼灸科Ⅰ部)

“分かる喜び”に満ちた、実践と臨床を重視した授業が魅力です

学校説明会で鍼灸の奥深さに触れ、東洋医学を学ぼうと決めました。自分の足やクラスメートを模擬患者とする鍼灸実習、医療の現場を間近に見られる臨床実習など、分かる喜びに満ちた授業が魅力です。将来はあん摩マッサージ指圧師と柔道整復師の国家資格も取得して治療院を開業し、後進の指導にも務めたいと考えています。

卒業後の進路

〈平成30年3月卒業生〉
治療院(12名)、病院(1名)、その他(1名)

学費

学費 3,920,000円(3年間合計)
内訳 ● 入学金:200,000円
● 施設費(年間):70,000円×3回
● 実習費(年間):70,000円×3回
● 授業料(半期):550,000円×6回
  • ※その他に、教材費約130,000円、校友会費30,000円が必要です。
  • ※選択科目については、別途、教材費を納めていただくことがあります。

入学金および授業料等の奨学制度

ダブルライセンスを目指す方を応援します!
鍼灸と柔道整復、両方の資格取得を目指す方のため、3つの減免制度を用意しました。

①2つの学科に同時入学する場合の減免特典

同時入学の組み合わせ 減免額
鍼灸科I部 + 柔道整復科II部 113万円

②在学中に他の学科に合格し入学する場合の減免特典

現在の在籍科 新たに入学する学科 減免額
鍼灸マッサージ科・
鍼灸科
柔道整復科I部 83万円
柔道整復科II部 113万円
柔道整復科 鍼灸科I部 83万円
鍼灸科II部 113万円
鍼灸マッサージ科 23万円

③卒業後、再度本校に入学する場合の減免特典

卒業後に入学する学科 減免額
鍼灸マッサージ科・鍼灸科I部・
柔道整復科I部
23万円
鍼灸科II部・柔道整復科II部 68万円

校友会推薦奨学制度

本学園の卒業生より推薦され本校に入学した方を対象として、入学金の一部(10万円)を入学後に付与します。

国の教育ローン

国の教育ローン(日本政策金融公庫)〜保護者が借りて、保護者が返済〜

項目 内容
ご利用いただける方 本校に入学される方の保護者
使いみち 入学時および在学時に必要な費用
融資額 学生・生徒1名につき350万円以内
返済期間 15年以内(交通遺児家庭、母子家庭、父子家庭、または世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方は18年以内)
据置期間 在学期間以内で元金据え置き可能(返済期間に含まれる
保証 (公財)教育資金融資保証基金または連帯保証人(1名以上)
★詳しくは、『教育ローンコールセンター 0570−008656』へお問い合せいただくか、
日本政策金融公庫のホームページをご覧ください。

株式会社ジャックス「提携教育ローン」

株式会社ジャックスの承認が得られる方は、提携教育ローンをご利用いただくことができます。
次のバナーをクリックすると「お申し込みの流れ」や「返済シュミレーション」をご確認いただけます。




日本学生支援機構奨学金

本校は、日本学生支援機構の指定校です。
※申込時に所定の審査があります(申込手続きについては、入学後のご案内となります)

区分 貸与月額 利息
第一種 自宅通学 2万円、3万円、4万円、5.3万円から選択 無利息
自宅外通学 2万円、3万円、4万円、5万円、6万円から選択
第二種 自宅通学 2万円から12万円の間
※1万円単位で選択
年利
上限3%
自宅外通学

(独立行政法人日本学生支援機構法施行令参照)

所在地

呉竹医療専門学校

〒330−0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1−185−1
電話:048-658-0001  FAX:048-658-0005

本校までの順路

学科紹介 program

  • 鍼灸マッサージ科 1部
  • 鍼灸科 1部/2部
  • 柔道整復科 1部/2部

新着情報

  • 求人のお申込み
  • 職員募集のお知らせ
  • 情報公開ページ
  • 保護者の方へ
  • 高校生の方へ
  • 社会人の方へ