新着情報

新着情報
新着情報

【授業紹介】鍼灸臨床実習 3年生鍼灸マッサージ科

2018年05月18日


3年生の実技の目標は、卒後直ぐにでも開業可能なスキルを身につけることである。

平成22年度厚生労働省発表「国民生活基礎調査」によると、病気や怪我により自覚症状を覚える有訴者率の最上位には、男女ともに「肩こり・腰痛」であった。日本人の国民病である。鍼灸治療は、これら症状緩和を得意としている。
鍼灸臨床実習を担当する三浦洋先生は、本校専任教員でありながら、日本鍼灸師会、日本鍼灸学会の理事や役員を歴任する。卒前の学生のみならず卒後鍼灸師への卒後研修をも行う先生だ。そして、朝晩の3匹の柴犬の散歩を欠かさない愛犬家という一面も。

三浦先生

 

この授業は患者様の訴える症状に対して、医療面接と徒手検査を通じて病態把握を的確に行う授業である。そして、今回の授業は「肩関節疾患の病態鑑別」だ。肩こりにも実は、肩関節疾患が隠れていることは決して稀なことではない。
6月からは、本校に来院される有料一般患者様に対する鍼灸治療を実践する鍼灸臨床実習がスタートする。症状を訴える患者様のお話を聞き出す医療面接、病態把握の徒手検査、一連の鍼灸治療をシュミレーションする実践的職業訓練を行う授業である。

三浦先生授業

 

 


学科紹介 program

  • 鍼灸マッサージ科 1部
  • 鍼灸科 1部/2部
  • 柔道整復科 1部/2部

新着情報

  • 求人のお申込み
  • 職員募集のお知らせ
  • 情報公開ページ
  • 保護者の方へ
  • 高校生の方へ
  • 社会人の方へ