本校の教育理念

本校の教育理念


I 教育理念

医の東西を問わず豊かな知識と技術を備え、全人的医療を施すことのできる医療人を育成すること。

II 教育目的

本校は、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師を養成するにあたり、それぞれに必要な高度の専門知識及び技術を授け、国民の保健衛生の増進に寄与するとともに、広く社会に貢献する有為の人材を育成することを目的とする。

III 教育目標

全人的医療を施すことができる医療人を育成するために、卒前・卒後を一貫した教育体系として捉え、教育施設並びに附設する医療施設を有機的に活用しながら、東西医療への理解を深めると同時に医療実践能力を修得する完結的教育を施していく。また、知識・技術の修得と併せて人格形成の教育にも力を注ぐいでいくことを本校の教育目標とする。

IV 育成人材像

  • 責任ある規律正しい生活が出来ると共に、豊かな人間性を有し医療の現場において病める人々に慈しみと共感を持って接することが出来る、医療人としてふさわしい人材。
  • 教養及び基礎医学知識並びに専門知識を身につけた人材。
  • 医療を通じて社会に貢献できる人材
  • 医療に関する知識・技術の進歩に貢献できる人材。
  • 医療連携を実施し、患者本位の施術を行える人材。
  • 社会の要請を的確に把握し、生涯にわたり自己研鑽できる人材。

V 運営方針

  • 学生の主体的学習を援助し、期待される医療人として活躍ができる人格を涵養すること。
  • 学生に学習の到達度目標を明確に示し、必要な知識及び技術の定着を図ること。
  • 附属の臨床施設で得られたノウハウを、教育の現場にフィードバックし教示内容の充実を図ること。
  • 附属の臨床施設等を活用し、教員の技術水準の向上を図るとともに学生の技術教育に生かすこと
  • 国家試験の合格率の目標を100%とすること。
  • 学内及び学外での研究の充実を図り、学科教育での学力向上に結びつく実践的な協議を積み上げ、教科指導に生かすこと。
  • 実践教育プログラムの充実と効率的実施を図ること。

VI ディプロマポリシー、カリキュラムポリシー及びアドミッションポリシー

  • 鍼灸マッサージ科鍼灸科Ⅰ部鍼灸科Ⅱ部

    (1) ディプロマポリシー
    医の東西を問わず全人的医療を施すことができる医療人を育成するために、卒前・卒後を一貫した教育体系として捉え、教育施設並びに附設する医療施設を有機的に活用しながら、東西医療への理解を深めると同時に医療実践能力を修得する完結的教育を施しています。また、知識・技術の修得と併せて人格形成の教育にも力を注ぐいでいくことを本校の教育目標とし、以下のような能力(卒業アウトカム)を備えた卒業生を輩出します。
    ① 衛生的かつ安全な施術ができる。
    ② 疾患の適切な鑑別(=適応・不適応の鑑別)ができる。
    ③ 患者の愁訴に対して的確にアプローチできる。
    ④ 多職種との連携、チーム医療を行うことができる。
    本学科は、卒業生の上記能力の修得・達成を保証するために厳格な単位・卒業認定を行い、学位を授与します。
    (2) カリキュラムポリシー
    ディプロマポリシーを達成するために必要な知識、技能、態度を身に付けさせるために、以下のとおり教育課程を編成・実施し、それぞれを学年進行とともに段階的に着実に身に付けるように学修するカリキュラムを編成します。また、学修成果を適切に評価します。
    ① 知識:はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師としてのスタートラインに付くために最低限必要な国家資格の取得に向けて、専門基礎科目・専門科目をしっかり身につけさせ、臨床応用で総合的な判断(はり術、きゅう術、あん摩マッサージ指圧術の適応・不適応の判断)ができる知識を学ばせるよう必要な授業科目を全学年にわたりバランスよく配置します。
    ② 技能:
    (a) 患者の安全性を確保したした上で、他の医療スタッフと共有できる衛生的なはり術、きゅう術、あん摩マッサージ指圧術を系統的に理解し、実践できる技術をを学ばせるよう必要な授業科目を全学年にわたりバランスよく配置します。
    (b) プライマリ・ケアの一翼を担い、はり、きゅう、あん摩・マッサージ・指圧の臨床で遭遇する頻度の高い疾患の鑑別(臨床推論)に最低限必要な「医療面接・問診」「身体診察」が実践できるための授業科目を系統的に配置し、高度な専門教育につながるカリキュラムを提供します。
    ③ 態度:思いやりと奉仕の心を持って患者に接するコミュニケーション能力とともに、他の医療スタッフと十分なコミュニケーションが取れる能力を涵養する内容の授業科目を配置します。特に、臨床実習では、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師として必要となる基本的態度を身に付けさせます。
    (3) アドミッションポリシー
    本校の教育目的を達成するために次のような人たちを求めている。
    ① 思いやりと奉仕の心、コミュニケーション力と学び続ける意欲を持った人
    ② 常に誠意を持って人に接し、信頼され、尊敬される人間性を持った人
    ③ 人々の健康に資するため、東洋医学の研鑽に努力を惜しまない人
  • 柔道整復科Ⅰ部柔道整復科Ⅱ部

    (1) ディプロマポリシー
    医の東西を問わず全人的医療を施すことができる医療人を育成するために、卒前・卒後を一貫した教育体系として捉え、教育施設並びに附設する医療施設を有機的に活用しながら、東西医療への理解を深めると同時に医療実践能力を修得する完結的教育を施しています。また、知識・技術の修得と併せて人格形成の教育にも力を注ぐいでいくことを本校の教育目標とし、以下のような能力(卒業アウトカム)を備えた卒業生を輩出します。
    ① 運動器系皮下損傷の応急処置ならびに救命処置に携わることができる。
    ② 医療施設における自身の衛生管理ならびに患者の接遇や他職種との連携ができる。
    ③ 地域の初期医療ならびに予防医学に基づいた医接連携を目標に研修ができる。
    ④ 柔道整復の有用性を吟味し科学的に検証する手法を培うことができる。
    ⑤ 上記の全てあるいはいずれかに特化した社会貢献ができる。
    本学科は、卒業生の上記能力の修得・達成を保証するために厳格な単位・卒業認定を行い、学位を授与します。
    (2) カリキュラムポリシー
    ディプロマポリシーを達成するために必要な知識、技能、態度を身に付けさせるために以下の、以下のとおり教育課程を編成・実施し、それぞれを学年進行とともに段階的に着実に身に付けるように学修するカリキュラムを編成します。また、学修成果を適切に評価します。
    ① トータルスポーツ医術を実践できる。
    スポーツを志す人の外傷や障害ならびにコンディショニングまでを含めて総合的に支援できる能力を育成する。
    ② 医療・介護機関へ参画できる。
    医療機関に従事する柔道整復師(勤務柔道整復師)として運動器症候群に対する機能改善や要介護認定者への支援する能力やけがを未然に防ぐ技術や運動器に対する知識を持ち、高齢者を含めた医療の一端を担うことができる能力を育成する。
    ③ 地域の初期医療の責任を全うできる。
    開業した柔道整復師(接骨院)が地域の初期医療として、柔道整復師の本業である運動器系の皮下損傷の施術以外に、様々な愁訴に対し幅広い医学的知識を駆使して、地域住民に対して医接連携を計れる能力を育成する。
    ④ 温故知新を実証できる。
    古来からの優れた柔道整復技術の有用性を吟味し、その技術を現代医療の見地から科学的に検証して、俯瞰的に柔道整復の未来像を描ける能力を育成する。
    (3) アドミッションポリシー
    本校の教育目的を達成するために次のような人たちを求めている。
    ① 思いやりと奉仕の心、コミュニケーション力と学び続ける意欲を持った人
    ② 常に誠意を持って人に接し、信頼され、尊敬される人間性を持った人
    ③ 人々の健康に資するため、東洋医学の研鑽に努力を惜しまない人

VII 中期的目標

新たな高等教育機関への制度化への対応を視野に入れ、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師及び柔道整復師の特性を踏まえた質の高い職業人養成を行う体制の強化を図る。

(1) 2019(平成31)年度

(ア) 高等教育機関無償化対象機関の申請
(イ) 第三者評価受審体制の整備(評価項目の資料の固定化)
(ウ) 就業支援体制の充実(12月末時点の就職内定率の目標80%)
(エ) 中途退学者の低減(平成31年度期首在籍者の中途退学率5%)
(オ) 社会人志願者の募集(受験者目標:98名)
(カ) あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゆう師に係る学校養成施設認定規則改定に対応するカリキュラム変更についての検証(計画2年目)
(キ) 施術所(あはき)療養費取扱体制の整備
(ク) 超音波画像診断装置による教育活動等の振興について(指導教員の養成1名:指導体制3名)
(ケ) 施術所(ほねつぎ)患者の確保(5人/日)

(2) 2020年度

(ア) 第三者評価受審体制の整備(事業評価指標の設置)
(イ) 就業支援体制の充実(12月末時点の就職内定率の目標90%)
(ウ) 中途退学者の低減(平成31年度期首在籍者の中途退学率4.5%)
(エ) 社会人志願者の募集(受験者目標:111名)
(オ) あん摩マッサージ指圧師、はり師及びきゆう師に係る学校養成施設認定規則改定に対応するカリキュラム変更についての検証(計画3年目)
(カ) 施術所(あまし)療養費取扱体制の整備
(キ) 超音波画像診断装置による教育活動等の振興について(指導教員の養成1名:指導体制4名)
(ク) 施術所(ほねつぎ)患者の確保(10人/日)

(3) 2021年度

(ア) 第三者評価受審体制の整備(事業評価指標の設置)
(イ) 就業支援体制の充実(12月末時点の就職内定率の目標100%)
(ウ) 中途退学者の低減(平成31年度期首在籍者の中途退学率4.0%)
(エ) 社会人志願者の募集(受験者目標:125名)
(オ) 施術所(あまし)療養費取扱体制の整備
(カ) 超音波画像診断装置による教育活動等の振興について(指導教員の養成1名:指導体制5名)
(キ) 施術所(ほねつぎ)患者の確保(15人/日)


学科紹介 program

  • 鍼灸マッサージ科 1部
  • 鍼灸科 1部/2部
  • 柔道整復科 1部/2部

新着情報

  • 求人のお申込み
  • 職員募集のお知らせ
  • 情報公開ページ
  • 保護者の方へ
  • 高校生の方へ
  • 社会人の方へ